大日本化成株式会社 化粧品素材の製造・販売

企業情報

沿革

昭和52年 6月22日創業。化粧品用消泡剤を製造販売開始
昭和53年 パール化剤・乳化助剤の製造販売開始
昭和62年 化粧品用体質顔料・着色顔料の表面処理品を製造販売開始
平成元年 機能性増粘素材のクインスシードGの製造販売開始
平成2年 福島県棚倉町産出の海泥をミロネクトン®の商標で製造販売開始
平成7年 「コスメサーブ®」シリーズ(UVB、UVA防御ペースト)の製造販売開始
平成9年 機能性白色顔料「ソフトセリサイト」の製造販売開始
平成17年 ベンチャーエクスポ2005年に出展(11月8・9日、大阪国際会議場)
平成18年 クインスシード2S等を欧州ブランドメーカーへ輸出開始
平成20年 MBBTタルクDM(機能性紫外線防御剤コーティング)の製造販売開始
平成21年 ミロネクトンのエコサート認証取得
平成23年 本社を現住所に移転
「コスメサーブ®WP-40W」(水分散微粒子酸化チタン)の製造販売開始
平成24年 「宇治の郷茶 M」(宇治有機抹茶)の製造販売開始
平成25年 エイジングケアエマルションベース「ビオセラジェル LS(V)」の製造販売開始
平成27年 エイジングケア素材「ビオセラ QD」の製造販売開始
平成29年 エイジングケア素材「コスメソーム®CM-1」の製造販売開始
崩壊性天然スクラブ「スクラビューティ® MX」の製造販売開始